My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファシリテーション研修inケニア(研修内容編)


 今回の研修はファシリテーションについて学び、実践してみるというもの。それゆえ、1日目と2日目に座学とグループワークを行って、3日目と4日目を使って、車で2時間ほどの町までフィールドワークに行きました。(内容を詳しく書いてよいものかどうか分からないので、簡単に流れだけ。)

研修初日。
IMG_3436.jpg
 自己紹介からスタートです。今回の自己紹介は、ボールを投げて、受け取った人が4つのトピックの中から一つ選んで2~3分で話すという方法でした。

 ファシリテーションの基本を学んだあと、ファシリテーションを実践してみる4つの対象グループから、一つを自分で選びます。見事に6~7人ずつのグループに分かれました。
IMG_3462.jpg

 各グループで、目標は何か、インタビューはどのような方法で何を聞くかなどを話し合い、発表します。私たちは志向ランキングを使うことに。
IMG_3497.jpg

当日使うものなども用意。
P1010327.jpg

対象グループの活動地、ルウィカの木陰にてフィールドワーク。アフリカっぽい。
IMG_3698.jpg

私たちのグループはアイスブレイクとして「幸せなら手を叩こう」を歌いました。まず日本語で歌ってみて、対象グループの人にも歌ってねと言ったら、英語で歌ってくれました。やはり「幸せなら手を叩こう」は動作もついてるし、アイスブレイクに最適だと思います。特に素晴らしかったのが、終わった後にもグループの人たちが歌ってくれて、「幸せならバイバイって言おう」という歌詞で締めくくってくれたこと。頭の回転が速いです。
P1010580.jpg

私たちが決めた話し合いの基本ルール
P1010394.jpg
1.Feel free to talk.
2.Respect each other.
3.Enjoy!

フィールドワーク1日目のスケジュール
P1010399.jpg

野外なので地面を活用。
IMG_3839.jpg

ルウィカから車で20分ほどのエンブのホテルに戻って、各グループのまとめと発表。
IMG_3955.jpg

夜も各グループで本日の反省と明日の作戦会議。
P1010548.jpg

翌朝。再びフィールドワーク。
P1010446.jpg

午後から各グループのまとめと発表。
RIMG4363.jpg

翌日。各グループの最終的なまとめと発表。
IMGP0705.jpg

 フィールドワークはほぼスワヒリ語で行われました。私たちのグループにはタンザニア隊員が2名、ケニア隊員が1名いて、皆さんペラペラ。私を含めた他4名は逐次訳してもらったりしながらなんとかついていきます。たとえこの研修がエチオピアで行われていたとしても、私のアムハラ語ではこんなに込み入った話はできないだろうなと反省しました。コミュニティ開発は言葉が分かってナンボの部分が大きいので、エチオピアに戻ったらもっとアムハラ語を頑張ろうと思ったのでした。

最後、修了証までいただきました。
IMGP0741.jpg

学ぶことの多い5日間でしたが、これが実りあるものになるかどうかは今後の自分の活動次第。残された任期はたったの9か月。正味8か月。この研修を最大限に活かせるよう、努力していきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/10(水) 02:55:51|
  2. 任国外旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<首都での帰国報告会および隊員送別会 | ホーム | ファシリテーション研修inケニア(研修内容以外編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/99-7d5760f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。