My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改良かまど(作り方トレーニング編)

改良かまど(作り方トレーニング編)
 以前、ワレダ(郡)のスタッフと一緒に、改良かまど製作者、使用者、非使用者にインタビューを行い、さて、この先どう展開するか?となっていたところ、そのスタッフが言うには、どのように展開するとしても、まず、作り方を知っておいた方がいいだろう、だから、作り方を教えてあげる。と言われ、しかし、まずそのためのセメントが、あるにはあるが使用期限が切れている。ということだったので、自分で買うべきか?と悩んだ挙句、訓練なんだから使用期限が切れていてもいいだろう。という判断をするまでに約1週間。期限の切れたセメントでやってみよう、という連絡をすると、じゃあ砂を洗っておくから、洗ったら連絡するよ、と言われ、そのまま音沙汰なし。何度かオフィスにも行ってみましたが、「今断水中」とか、ファシカ(イースター)に伴う休みとか色々あって、数週間後、ようやく作ってみることになりましたが、その日程も3回変更され、ついに先日、ようやく、改良かまどを作ってみました!

エチオピアのインジェラ用改良かまどの作り方
1. 砂を洗う
光る素材が多いと熱に弱いため、洗っている時に光るものが20%以下であることを確認する。
2. 砂をふるう
3ミリのふるいを使った場合、砂とセメントは3:1の割合
(赤い砂の場合)5ミリのふるいを使い、砂とセメントは4:1の割合
P1060021.jpg

3. 砂とセメントを、水を入れずにかき混ぜる
P1060024.jpg

4. 少しずつ水を混ぜる。握って一応固まるぐらいでOK.水を入れすぎないこと。
P1060027.jpg

5. 金属製の型に入れて上から突く
P1060030.jpg

P1060034.jpg

6. 上部に焚き付け口などのための型を入れ、それ以外は上から水を垂らし、押さえつけてならす。削らないで押さえる。
P1060037.jpg

P1060038.jpg

7. 日光と雨を避けて型を置く
P1060062.jpg

8. 型を外す。まず留め棒を外し、その棒で左右から叩く。左右それぞれ少し外してから全体を外す。揺らすと型崩れする。曲線に注意。
P1060042.jpg

P1060046.jpg

P1060049.jpg

9. 翌日から1週間、朝晩水をかける。
P1060066.jpg

以上です。

出来上がりまでに1週間。しかしこの間私は旅行などで任地を留守にするため、完成したものを見れるのはちょっと先です。うまくできているといいのですが、既に亀裂も入っていたため、ちょっと心配です。
今回作ってみたかまどは、すでにオフィスに金属製の型もあり、セメントは1袋300ブルもするということで、「お金がないから3点かまどを使っている」という人向けではないような。
 ちなみに、村落の研修で教えてもらった改良かまどの作り方を英訳したものをワレダのスタッフに渡してみたところ、「今度はこれも作ってみよう。自分の家に置きたいよ」とのこと。旅行から帰ったら今回作ったかまどを確認し、日本流の改良かまどを作ってみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/21(木) 02:01:05|
  2. 活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャパンフェスティバルinインジバラ | ホーム | 明かり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/65-df258334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。