My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

field work?

 毎日水資源局でアムハラ語と格闘している私ですが、先日、ついにフィールドワークに行ってきました!水資源局のヘッドと話していると、ひょんなことから、「明日別部門の人がフィールドワーク行くから、行きたければ一緒に行ってもいいよ」という話になり、「行かせていただきます!」となりました。
 朝6時半集合です。オフィスでは5分や10分の遅刻などだ~れも気にしないのですが、さすがにフィールドに行くのに誰も遅刻して来ないだろう。私も遅れてはならじ。ときっちり時間通りに集合。同僚と一緒にバス乗り場に向かいます。バス乗り場で同行の同僚さらに2人と一緒になり、目的地行きのバスに空席を見つけようとしますが、4人分の空席がないようです。しばらく待っていたのですが、バスに乗るのは諦め、オフィスの車で行くことになりました。しかも急遽2泊3日の日程になった様子。いや私はいいけど、一緒に行く同僚にはまだ3,4歳の子どももいるのにそんなに急に大丈夫なのか。と思ったら、全然大丈夫みたいです。2泊3日が決定した約30分後、それぞれ荷物を持って再出発。
 行先はファンディカという町。舗装道路がなく、またバスなどもほとんどないらしく、途中、車の後ろにかなりの人を乗せてました。そして、ものすごい山道を登って降ります。悪路が続く。でもエチオピアに来る前に想像してたのはこういう悪路でした。来てみたら首都から任地、また任地から最寄りの街までは、きれいな舗装道路で逆にびっくり。

P1020544.jpg
荷台に乗る人たち。

P1020549.jpg
こんなぬかるみとか

P1020541.jpg
こんな山道とかの連続。

 未舗装道路を走ること約2時間でファンディカに着きました。お昼ご飯を食べて、さあフィールドワークか!と思ったら、ワレダ(県の次の行政単位)の水資源局で会議です。会議の後でフィールドワーク?と思ったら、この会議がなんと休憩もなしに約4時間半ありました。終了したのは18時半。エチオピアで残業とか、初めて見ました・・・。
P1020556.jpg
会議の様子。

 その後同僚と晩御飯を食べて、その日の宿に。ベッド1つだけの部屋。30ブル(約150円)。今までの人生で最安の宿。エチオピアはノミだらけなので、宿泊用にスプレーを持ってきました。スプレー臭いけどノミよりはいいかと思ってベッドの上にまき散らします。そのおかげか、この日はノミにやられませんでした。
 ところでこの部屋にはなぜか洗面器が置いてあります。「何で?」と同僚に聞いたところ、「共同トイレは夜は危ないので行かないように。夜にトイレに行きたくなったらこの洗面器を使え!」とのことでした。確かそういう旅行記をどこかで読んだような。トイレ用洗面器、初対面です。
P1020562.jpg
共同トイレです。

P1020565.jpg
洗面器とベッドだけの部屋。30ブル。

P1020558.jpg
エチオピアによくあるブンナベットです。

 さて次の日、朝食をとって、別の場所で会議を済ませ、一旦インジバラに戻って各自家庭で昼食をとったのち、今度はチャグニという町に向かいます。16時からまた会議です。こんなに暗いのに電気もつけず、しかもこんなに暗いのに誰も寝てません。驚き。この会議も18時半まで続きました。
P1020586.jpg

 この日の宿も30ブル。ですが部屋には机と椅子と蚊帳、トイレと冷水シャワーがついてました!この部屋にもスプレーはしたのですが、ノミにやられました。
P1020594.jpg

 次の日も朝から会議。約3時間。その後ランチを食べてインジバラへの帰途に就く。

 3日間で4つの会議を見ました。そう、アムハラ語が分からないため、ただ見ているだけ・・・。でも、どの会議にもちゃんと議事録係がいて、そして誰も寝てません(当たり前?)。
 これらの会議の目的は、県の水資源局の下部組織である各ワレダとタウンの水資源局のこの3カ月の活動報告、それぞれの部署の強みと弱みなどの情報収集だとのことでした。これらの情報を県の水資源局に持ち帰り、そこでまた情報共有するのだそう。

 今回、2泊3日の出張で、何度も同僚と一緒にご飯を食べたのですが、私が普段から「インジェラ(エチオピアの主食)はどう?」と聞かれる度に「すっぱいねぇ」と答えていたため(インジェラは発酵食品なので酸味があります)、同僚が気を遣ってくれて私だけ特別メニューでした。といってもエチオピアの地方のごはん屋さんにはほぼインジェラしかありません。ので、私だけ軽食屋でスクランブルエッグとパンを食べた後、ようやくみんなはインジェラ屋に行く。みたいな感じ。
 会議で全く役に立たず、内容を理解することもできず、ご飯の度に気を遣わせる、どう考えても足手まといな私に同僚はとても優しいです。申し訳ない。せめてアムハラ語が分かるようになりたい。

 ちなみに私はどの会議でも、social economistだと紹介されました。Social economistというのをどうやらcommunity mobilizerとほぼ同じような意味で使っているようなのですが、もし3カ月後(っていうか1か月後!)にアムハラ語がそこそこ話せるようになったとして、私にsocial economistが務まるのだろうか。はなはだ心配です。


P1020546.jpg
途中の町で初めてロープポンプ式井戸を見ました。

P1020551.jpg
車の中の私を目ざとく見つけて、チャイナ!と近寄ってくる子どもたち。

P1020572.jpg
車窓からの風景。爽やか~。ナウシカが歩いてそう。

P1020577.jpg
でも車は泥だらけ。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 23:16:22|
  2. 職場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家庭菜園 | ホーム | コーヒーセレモニー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/5-6a719121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。