My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改良かまど見学(見学するまで編)


 先日、改良かまどの見学に行ってきました。
 先月、活動計画を策定してから既に1か月以上経過。エナジー部門の同僚と協力して作り方のワークショップをするつもりだったのですが。
 同僚に、作り方を知ってる?と聞いたら、知っていると言う。じゃあ作ってみようよ。と言ったら、作ったことがあるから、その場所に連れて行ってやると言う。いつ行く?と聞いたら、上司に聞けと言う。上司に聞いたら、来週の月曜か火曜に行けると言う。月曜に聞いたら、火曜か水曜に行けると言う。火曜に聞いたら、まずはアポを取らないといけないと言う。・・・・何で先週の時点でアポ取ってくれなかったの?
 そしてアポを取るために、まずは下部組織であるワレダのオフィスに行けと言う。何でアポ取るのにわざわざそこまで行く必要があるの?電話があるじゃん。と言っても話は通じない。じゃあアポを取りに行きましょう。と同僚に言うと、今は雨だから雨が上がったら。と言う。1,2時間後、雨が上がったから行こうかと言うと、明日にしようと言う。
 そうこうしてようやくアポを取るためにワレダのオフィスに行く。そこでまた、アポが取れたら見に行こうと言われる。今、ここでアポを取ってくださいと言うと、多分大丈夫だから明日行こうと言われる。
 というわけでようやく改良かまどの見学に行けたのでした。

 しかし、やらないつもりならそう言ってくれればいいのに、何でイエスと言いながら何もしないんだろう。そういう所は本当に理解できません。もちろん、忙しいからできなかったというわけではありません。私の「行こう」「やろう」を無視してしていることと言えば、PCでのゲームか映画・・・。
 彼らは公務員だから、よっぽどのことがなければ解雇されたりしないのか。だから働かないのか。せっかく大学で専門的知識を得て、それに関連する職に就いているのに、この国を良くするために働こうという気にならないんだろうか。不思議です。
 あるいは彼らは、自分に知識があればそれでいいと考えているのかもしれません。改良かまどの作り方は、レポートなどで読んで知っている。だけど、自分の住んでいる町で3点かまどを使っている人のためにその知識を活かそうとは考えてもみないのではないかと思います。
 私は自分の計画について、「3点かまどは危険だし、熱効率が悪く、薪を無駄に消費している。だから、3点かまどを使っている人に、改良かまどの作り方を教えたい」と、説明したつもりです。だけど、エナジー部門の同僚はただ、以前GTZ(ドイツ版ジャイカ?)が改良かまどを普及させようとしていた時のレポートを読めと言っただけ。正直そんなの読んでも今の私には何の役にも立ちません。改良かまどの利点なんて、それこそ既にその知識は持っている。
 そんなわけで、ちょっと動こうとしたらたちまち壁にぶつかってしまった感があるのでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 18:39:57|
  2. 活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<改良かまど見学(製造者見学編) | ホーム | ゴミ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/42-d8fcd082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。