My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メレス首相の1周忌


 8月21日、エチオピアの前首相、メレス・ゼナウィの1周忌です。8月20日には公務員が町中に集まってキャンドルを灯し、21日には近くの集落にて植樹がありました。テレビもまたもやメレス一色。
 エチオピアの至る所にあるメレスの写真やポスターなどを、去年はただ「へぇぇ~こんなに人気があったんだ~」と思って眺めていましたが、それ以後、色々な事情を知り、今年は複雑な思いで見ています。
 とりあえず最近私の印象に残っているのはエチオピアの「愚民化政策」という言葉。これが残念ながら大成功しているとしか思えません。最近は「チャイナ!」と言ってくる大人や子どもたちまで「愚民化政策・・・・かわいそうに」と思うようになってきました。
 ただこれを日本について考えてみると、日本も愚民化政策を取っているのかなという気がします。最近の日本は分かりませんが、多くの人は「誰が政権取っても同じ」「政治に関心ない」と思っているような。でもそんなわけはないのであって、そう思わされているのに、自発的にそう思っていると思っていること自体が「愚民化政策」の成功のような気がします。

メレス首相一周忌キャンドル会の様子を友人が携帯で撮ったのを見せてくれたのですが、むしろ「携帯でアムハラ語も打てるの?」っていうことに驚く私。
P1170120.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 15:43:13|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コタビフェスティバル(準備編) | ホーム | 「女性&青少年&子ども事務所」とコラボする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/224-c09b44b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。