My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何だかよく分からない疲れの原因を探る


 つい2週間前に首都に行ってリフレッシュしてきたばかりだというのに、何だか最近疲れています。
 自分なりに原因を探ってみたところ、布草履の作り方を教えるために村落部に行っているせいではないかと。
 ではなぜ村落部に行ったら疲れるのか。

私の考える理由1:単に遠いから(肉体的疲労)。
 幹線道路付近の村落部ならばバスなどに乗って行けますが、最近行っていた所は、改良かまど製作グループの女性の家で、幹線道路から約30分歩いた場所にあり、その道はもちろん歩くしかない。しかも雨季の現在、道はぐちゃぐちゃ。雨季と言っても一日に降る雨の量は決まっているらしく、一日中降っているわけではないため、晴れている間に村落部に行くわけですが、その見極めも難しい。先日は午後から晴れてきたため、色々済ませてから行ってみたらもう5時。最近は7時くらいまではそこそこ明るいですが、もちろん街灯などない道を歩くため、5時となったら「もう帰らなくちゃ」くらいの感じです。おばちゃんたちは「泊まって行け」と言ってくれますが、いやいやこのお家で私は一体どこに寝るの?もしベッドを貸してくれたとしても寒いしノミだらけだし、絶対に眠れない。と思って丁重にお断りしました。帰り道ももちろん未舗装道路30分+舗装道路30分で往復約2時間。富士山7合目での運動はこたえます。

未舗装道路はこんな感じ。インジバラの土は他の町のようなぬかるみは少ないです。
P1160908.jpg

でもこんな風にぬかるんでる所ももちろんあります。
P1160821.jpg

コーヒーを頂いたお宅
P1160916.jpg
泊まって行け!と言われたのは別のお宅で、そちらは昼でも真っ暗なため写真も撮れません。

理由2:トイレ問題
 近くの丘にて布草履を1足作った後、「コーヒー飲んでけ!」と言われたのでお宅にお邪魔しようとすると、おばちゃんが不自然にしゃがんだまま。まさか?!と思っていたら、案の定用足し中でした。ふー。私たちが無造作に座った場所ももしかしてそういうのされた後だったかも。雨が降ればどうせ洗い流されるけど・・・

後ろ向きのおばちゃんに布草履製作指導中。
P1160912.jpg

 しかし私も用を足したくなり、トイレを借りようとしたら、ハエだらけで行きたくない。(エチオピアの一般的トイレはもちろんただの穴だし不潔なのですが、寒いし乾燥しているせいかハエはほとんどいません)。以前そこでトイレを借りようとしたら「その辺で」と言われたこともあり、「その辺でします」と言ったら子どもたちが「じゃあこの辺で」とちょっとした藪に案内してくれました。そこまではいいけど、よっこいしょとしゃがんだら子どもたちが向こうの方からめっちゃ見てる。草ボーボーだし多分見えないしいやらしい気持ちで見ているわけではなく単なる好奇心なんだろうけど・・・でもヤダ。村落部に限らずトイレ問題は常についてまわるため、外出中はトイレに行かないようにしているのですが、そうは言ってもやっぱり数時間ごとには行きたくなるわけで。

こちらが問題のトイレ。
P1160915.jpg

理由3:貧困問題 
 これが多分一番大きい問題なのですが。やはり村落部の人たちは経済的に貧しいです。子どもは痩せているわけではないですがお腹が出ている。栄養が偏っているのかもしれません。この間は茹でたジャガイモを出してくれましたが、多分ジャガイモの時期はジャガイモとインジェラしか食べていないのではないかと。いくらインジェラの栄養価が高いといってもそれだけではやはり。

この子です。
痩せてる感じではないのですが。それとも子どもっていうのはみんなこんなもので、単に着ている服が小さいからお腹が目立つだけ?ちなみにバラをくわえているのは、その辺に咲いてるバラで遊んでいるだけです。
P1160935.jpg

 着ている物もぼろぼろです。最近よくここのおばちゃんに「服ちょうだい!」と言われるのですが、私のTシャツあげても、彼女自身は伝統的衣装なのになーと思っています。
 あとはやはり衛生面。トイレのこともそうですが、服はぼろぼろなだけでなく汚れも半端なく、子どもたちにも大人たちにもハエが寄ってくることこの上ない。家はあるし服も着ているし飢えているわけでもないけれど、やはり貧しさを感じます。

子どももコーヒー飲みます。ハエを払いながら。
P1160926.jpg

 たまにしか行かないのに、しかも勝手に行っておいて「疲れた」も何もないのですが、やはり自分が生きてきた状況と違いすぎて疲れを感じている気がします。そういう状況を改善するために来たはずなのに何もできていません。布草履だって教えたはいいけど作って履いてくれるわけでもないし。以前布草履の作り方を教えた子どもも相変わらず裸足で汚れたままです。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/09(金) 16:37:58|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファレンジ特権 | ホーム | エチオピアの家の壁に貼ってあるもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/220-eab1c132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。