My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もったいない精神


 先日の餅つきパーティでたくさんの人が招待状を欲しがったという話を書いたのですが、その時のこと。
とある職場にて顔見知りの人に招待状を配っていると、配るつもりのなかった人(とりあえずあまり喋ったことがない気がする人)が「ちょうだい」と言ってくる。ちょうどプリントした物がなくなったため「もうないよ。でも招待状がなくても来てくれて大丈夫だから」と言ってみたのですが、招待状が欲しいと言って聞かない。
 その彼がとった行動とは。
 私が他の人に配った招待状を回収し、名前も書いてあるその招待状を2枚、職場のコピー機でコピー。ちなみに私が配った招待状は、A4の紙に10枚の招待状がプリントできるようにしたもの。その元紙をコピーしてくれれば10枚の招待状ができるのに!と思って「もったいないからやめて!」と主張してみたのですが誰も意に介さない。
 しかも、一回コピーすれば、次にそのコピーしたものも原本にすれば2回目のコピーでは4枚の招待状がプリントできるのに、最初の2枚のまま何度かコピー。ホントに紙とコピー労力の無駄。と思いながらしょうがないのでその無駄コピーの招待状を差し上げました。
 そもそもその招待状、「招待状を配った方がいいかな?」と相談した友人が「作ってあげるよ!」と言って作ってくれたもので、しかもその職場の人に配ってくれるということだったため、それをプリントした紙を2枚、その友人にあげたのです。つまり招待状20枚分。しかしその友人がその紙を持ったまま実家に帰ってしまい、しかも餅つきまでには戻ってこない。しかもそれが判明したのも、その友人が戻ってくる様子がないため私が電話をかけて初めて判明。そういうの、先に言ってよ。あなたが配るって言うから招待状渡したのにさーと私としては大変不満に思うわけです。
 というのも、私の家には先輩隊員に頂いたプリンターがあるのですが、インクの残量が少ない上に調子が悪く、日本のようにいつでもちゃんとプリントできるわけではないせいもあるのですが。
 ちなみに、私はエチオピアのような途上国でこんなにもプリンターを使う機会が多いとは思いませんでした。主にジャイカに提出する書類ですが。裏紙はダメとか、ちゃんと決められたフォーマットでとか、びっくりです。先輩隊員がプリンターを譲ってくれたから良かったようなものの、それがなかったら大変困ったことになっていたでしょう。一応オフィスとか町にもプリンターはありますが、オフィスのプリンターはウィルス運ばれたら嫌だからUSBとかCDとか使用禁止と言われるし(はっきり言って職場のPCがウィルスだらけのため、むしろこっちからお断りと言いたい)、町のプリンタも多分同じ状況の上、その都度行ってお金を払ってプリントしてもらうのが面倒くさい。
 ちなみにちなみに、そこまでして招待状をゲットした例の彼は、なんと餅つきパーティには来なかったのでした。その他大勢の人もそうですが、来るつもりもないのに何で招待状だけ欲しがるんだろうと本当に謎です。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/01(木) 22:25:03|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<腕時計 | ホーム | 餅つきパーティ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/217-099c7229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。