My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

他人の時間を尊重するということ


 エチオピアで困ることの一つが、「約束の時間を守らない」です。例えば2時に待ち合わせても、相手が2時に来ることはまずない。アフリカの他の国を知っている人からすれば、約束の時間の1時間以内に来るエチオピア人はまだましな方らしいのですが・・・。でも1時間以上遅れることだってザラにあります。
 最近時々あるのが、約束の時間の5分前くらいになって「今日は会議だからキャンセルしたい」という電話。5分前って・・・私はもうそっちに向かってるんですけど!と思いつつ、連絡くれただけいっか。と思うことにしています。
 今一緒に小学校で衛生啓発活動をしている人は、「ボクは君からいい影響を与えられている!君はいつも次の約束をメモしているだろう?だから僕もメモするよ!」と言って、次の約束をメモしていました。ただその彼も、電話などで約束した場合メモしていないのか、待ち合わせの場所に来ないことも。しかもここでは電話をしても電波がないということがよくあるため、後で電話して「待ってたんだけど」というと「忘れてた!ごめん!」ということも。「ごめん」って言ってくれるだけいいかと思うしかない。
 約束通りオフィスに訪ねて行っても、不在、会議中などなどで会えなかったりすることはよくあることで、誰かを訪ねて、その誰かが不在だった場合、よく他の人に「今来るから待て」と言われます。が、「今って何分後?」と聞いたら、「1時間後」「(今が午前中だったら)午後」「分からない」などという答えが返ってきます。適当なこと言うよな~としか思えない。
 また、ファシカの時、「今コーヒー淹れてるからおいで」という電話がかかってきたので、その時いたお家の人に「今コーヒー淹れてるらしいから行っていい?」と聞いたら、返事は「ハベシャカタロー(エチオピア人の約束)だから遅れても問題ない!うちのコーヒーを飲んでから行け!」でした。
 他人を待たせても平気なこの態度が、私には「エチオピア人は他人の時間に対するリスペクトが足りない!というより、ない!」という不満に。(昔見た映画で「遅刻は相手へのリスペクトが足りないせいである」と言っていて、今の私はそれに共感しています。)日本人が時間に正確すぎるせいもあるとは思いますが。しかしその理由が「日本人は忙しすぎて1分たりとも無駄にできない」ということのような気もして、のんびりしたエチオピアと、あまりにも忙しい日本と、どっちがいいのかというのはまた難しい問題です。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 15:26:40|
  2. 文化・習慣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨季の停電と携帯電話 | ホーム | 最後のファシカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/200-08d43dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。