My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同僚のお葬式


 ファシカ(イースター)前でお休みを取っている同僚も多い5月2日、配属先の秘書の人がやって来ていきなり「明日お葬式だよ」と告げました。誰が亡くなったのかなーと思っていたら、なんと配属先の同僚が亡くなったとか。彼は2週間くらい前から、アジスアベバに行くとかで休暇を取っていたのですが、色んな人の話を総合すると、多分病気のため実家で療養していたのだがそのまま亡くなったのではないかと推測されます。誰に聞いても死因は不明で、「事故?」と聞いてもそうだと言うし、「病気?」と聞いてもそうだと言われます。でも2週間くらい前に休暇に入った後に、多分同僚が「病気だからアジスアベバに治療に行くんだ」と言っていた気がします。とはいえ、元から静かな人であったこともあり、病気のような感じもなかったので、あまり気にしていませんでした。ですが近くの町の実家で葬儀ということはきっと、お金があればアジスアベバの病院に行けたのかもしれないけれど、実家で様子を見ているうちに病気が悪化したのではないかと。全て推測ですが。
 葬儀場がインジバラではなく、バスで1時間ほどのドルベテという町で行われるため、「ドルベテのどこで?何時から?」と色んな人に聞いたのですがよく分からず、結局就業時間が終わる前に教えてもらえたのが「明日朝6時にここに来い」でした。なので朝6時に配属先に行ってみたところ、一人しか来てない・・・一人でもいたのが奇跡のようですが。その後バラバラと人が集まり始め、しかし向こうの方に行って何やらしているようだったので、一体何をしているのかと思っていたら、葬儀場に立て掛けるらしきメッセージボードを作っていました。10人ほどで。私には手伝えることもなく、ただぼーっと待つ。その後7時くらいにようやく、配属先のトップを乗せた車がやってきました。が、葬儀に行く同僚が計13人。どう考えても1台の車に乗れるわけはなく、どうやらもう一台を呼ぶ。もう一台の車が来たのが7時半。13人が2台の車に無理やり乗りこみ、ガソリンを入れてから、インジバラを出たのが7時45分でした。5時半に起きた意味、どこにもないし。
 しかもいくら同僚の葬儀とはいえ、配属先の車をそんなことに使っていいのだろうかという疑問。そして、1台目が2台目を待っている間、ずーっとかけっぱなしのエンジン。こちらの人はよく、フィールドに行けないのは車がないからだ、ガソリンがないからだと言いますが、そういう無駄遣いをしてるからでしょう。と思う。
 ともあれ、8時半頃、彼の実家の近くらしき空地で行われている葬儀場に着く。と、さっきまで談笑していた同僚が突然彼の写真を掲げて涙を流し、叫びながら走り出しました。なんか演技臭い・・・・・・。とはいえ、葬儀は悲しみに包まれたもので、ご遺族が、彼が着ていた服をまとい、泣き、叫び、踊る様子はやはりこちらの涙を誘います。
 と思う一方、やはり私はその「泣いたり叫んだり踊ったり」する様子が興味深いです。エチオピア人の悲しみの表現方法は、一体どういう過程でこのような形に落ち着いたんだろうと思うと不思議です。私には笑っているようにしか聞こえない叫びや、なぜそういう踊りをするんだろうという踊りなど(踊りというより体の動きですが)。
 しばらくその場で悲しむ遺族と共に過ごし、遺体と共に全員で移動します。ちょっと行った場所の広場で同じように悲しみを表現する遺族を囲み、また移動。ということを2,3回繰り返したのち、11時頃、教会に着きました。遺体を教会の庭に置いたら、多くの人と共に私たちも撤収でした。それ以後は遺族だけで行われるものと思います。
 参列者は多分400人ほど。たくさんの人がいました。亡くなった彼は推定20代半ば。遺族が掲げている写真の一つは大学の卒業式のもので、悲しみもさることながら、大学まで出した子どもが亡くなるのは、経済的にも苦しいのではないかと思われます。また、彼のおばあさんらしき人もいて、彼女からしたら、まだまだ若い孫が亡くなるなんて耐えがたい苦しみなのではないと。
 しかしエチオピアでは、「年齢にかかわらず、私たちはいつか必ず死ぬ」という事実が身近に感じられます。そもそも医療機関が少なく、お金もかかるため、日本では助かる病気でも、亡くなってしまうのだと思います。また車の運転マナーも決して良くはないため、事故もよくあります。そういうことがないようにエチオピア正教徒は熱心に祈っているらしいのですが、じゃあそれでも亡くなってしまうということは一体何なんだ。神への祈りが足りなかったのか?神に愛されてなかったのか?不謹慎な私はそう思わずにいられない。
 今回亡くなったのが「友人の家族」ではなく、「まだ若い同僚本人」だったため、いつも以上に色々考えさせられました。

手作りメッセージボード。この台紙に、哀悼の意を表す文章を貼りつけていました。
P1150123.jpg

途中の広場にて
P1150129.jpg

教会にて
P1150135.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013/05/09(木) 15:54:20|
  2. エチオピア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後のファシカ | ホーム | エチオピアの田舎町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/198-76345b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。