My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファシカ(イースター)前


 2013年のファシカは5月5日日曜日(エチオピア暦で2005年ሚያዝያ(8月)27日)です。
 その前の週の5月1日はInternational Labour Day、3日はEthiopian Good Fridayのためお休み。何だか日本のゴールデンウィークを彷彿とさせます。たくさんの人が既にファシカモードでオフィスも人が少なめ。と思ったらどうやらフィールドに行っている人も多いらしい。
 ファシカ前の約2カ月、正確には3月11日(መጋቢት(7月)2日)から、エチオピア正教徒の人々はツォム(動物性たんぱく質(肉・卵・牛乳等)の断食。人によっては魚も。)に突入し、町からはお肉や卵、牛乳が消えていました。(肉屋は閉まっていますが、市場には卵を売っており、牛乳は個人的な牛飼い屋さんでは買えます。任地のレストランではいずれもメニューから消える。)
 ツォム突入直後の2週間と、ファシカ前の2週間はこのツォムが厳しめらしく(昼まで食物摂取禁止とか)、ファシカ前の1週間はさらに厳しくなり(午後3時とか6時まで食物摂取禁止とか)、さらにファシカ3日前の夜9時以降は水さえも摂取禁止らしいです(人により異なる)。ファシカ前の1週間の厳しいツォム期間をህመማት(フママット)と呼ぶらしく、挨拶時の握手、アルコール飲酒、性行為、音楽も禁止です(人による)。この、「人による」というのが難しいところで、いつもと同じように握手してくる人もたくさんいます。オフィスでもいつものように音楽をかけています。また、私の友人などはエチオピア正教徒ですが、「ツォムはしない」と言っており、この2カ月もいつもと同じ感じで、しかもエチオピア正教徒が食べてはいけないはずの豚肉にもトライしています。
 ちなみにこのツォムは7歳以下の子どもには適用されないらしいのですが、8歳とか、10代の子どもたちも成長期なのに、健康によくなさそう。普段から水曜日・金曜日のツォム時には学校の子どもたちも元気がないと学校隊員は言っています。大人がツォムをするのはそれこそ信教の自由だと思いますが、8歳以上だって子どもは子ども。やめればいいのに。と思うのはそもそもエチオピア正教(ていうか宗教そのもの?)が理解できないせいなのでしょうか。
 ちなみに任地ではほぼ全ての人がエチオピア正教徒なのですが、たまにイスラム教の人とか、エチオピア正教以外のキリスト教の人もいます。少数派は大変じゃないのかなぁ・・・。と思って聞いてみましたが、「全然!」との返事でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/02(木) 21:29:56|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<羊購入を見学 | ホーム | 布草履作りを教える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/195-ace8b1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。