My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SODIS(水質再検査編)


 今を去ること約半年前の10月に、配属先の水質検査担当の人に、任地の湧水のSODIS前後の水質検査をしてもらいました。その時はなんと、SODISをする前も細菌はいないという驚きの検査結果が出ました(SODIS水質検査編参照)。
 その後、乾季になったらまた検査をしてもらうことになっていたのですが、いつできるのかと水質検査担当の人に聞いても「今日はレポート書かなきゃ」「会議がある」等々と言われ続けていました。しかししつこく言い続けたせいか、先々週くらいに「今後水質検査しなきゃいけないから、その時一緒にやってあげる。だからその時まで待て」と言われ、期待度30%くらいで待っていたところ、先日、「今日水質検査するから水持ってきたらやってあげる」と言われました。正直びっくり。まさか本当にその時を教えてくれるとは。
 と、いうわけで早速任地の湧水ポイントに行ってペットボトルに水を入れてもらいます。いつ聞いてもそこの人たちは、その汲んだ水を「飲む」と言ったり「飲まない」と言ったり色々です。多分飲用にしている人としていない人がいるのだとは思いますが。
P1140629.jpg

 配属先に水を持ち帰り、写真を見せながら「この湧水ポイントで汲んできたけど、他に湧水ポイントはあるの?」と聞いてみましたが、返ってくる答えは「ある」だの「ない」だの、「あるけど問題ない」だのと適当です。私の知っている限りでは、水道がない家も近所の水道のある家から水道水を買っているようなので、水質検査は、汲んだ水を飲んでいそうな湧水ポイント1か所だけでいいやと諦めました。ケミカルがあまりないから1か所しかできないよって言われたし

 汲んできた水の半分を屋内に置いておき、半分を屋外で太陽にさらし、水質検査は午後からです。ペットボトルを置いたのが朝の9時半くらい。晴天なら6時間さらしておけばいいのですが、あいにく午後から曇り空。しかし配属先は17時半まで。というわけで、「太陽光に6時間さらした」とは言えない状態で検査をしてもらいました。ま、時々曇っていたとはいえ6時間弱さらしておいたし、ペットボトルも600mlと小さ目だったし、大丈夫だろうと思って、結果は翌日へ持ち越されます。

P1140639.jpg

P1140644.jpg

 検査翌日、配属先で結果を聞いたところ、SODIS前の水には大腸菌があったのですが、SODIS後の水には大腸菌が発見されないという素晴らしい結果が出ました!!(いや本当はSODIS前にも大腸菌がいない方がいいんだけど。)
P1140679.jpg
左がSODISなし、右がSODIS後です。

 しかし、小学校では既にSODISの方法について教えてしまったので、今更こういう結果が出たよってまた教えるのもどうかなと思い。やはりその水を汲んでいる人たちに教えたいです。方法については、また考えます!
スポンサーサイト
  1. 2013/04/22(月) 18:08:17|
  2. 活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢マップと布草履 | ホーム | ザンガナ湖>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/191-09d2db66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。