My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

耳から悪魔が入ってくる!


 エチオピア正教徒の信者たちは、バスで絶対に窓を開けません。どんなに暑くても、誰かが吐いていても。(エチオピア人は、車に乗り慣れていないのか、かなりの確率で吐きます。バスの中には吐く人のためのビニール袋が常備されていて、「ビニール袋」と言ったら吐くためのビニール袋がもらえます。ビニール袋に吐いて、後は窓からポイ。なので匂いはそんなでもないのですが、そもそも窓開けなくて空気が悪いから酔うんだろうよ!と言いたくなる。)
 私が「暑いから窓開けて!」と頼んだら、半分以上の人が断ってきます。運よく開けてもらえても、いつの間にか誰かが閉めている。また私が開ける。誰かが閉める。その繰り返し。

 なぜか。

 風に乗って耳から悪魔が入ってくるからだそうです。・・・・・・。そりゃね、アフリカの他地域ではあるらしいという、人を殺してまで呪術をするとかに比べるとかわいいもんですけどね。
 ちなみに、ほぼ100%の運転手は窓を開けています。それに、運賃回収係も人を乗せるために窓を開けて行先を叫んでいます。それはいいらしい。
 というわけで、バスに乗ると、ぼろくて乗り心地悪い、乗客に色々話しかけられてうるさい(こともある)、運が悪いと隣の人が吐く、大音量の音楽がうるさい、スピード出しすぎて危険な目に遭う、隣の人が臭う、ノミをうつされる、などなどなどの苦行の他、窓を開けてもらえなくて暑い。という苦行にも耐える必要があります。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 03:38:07|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついに服を買う! | ホーム | ぼーっとする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/173-95ae0f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。