My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もやしその後


 以前、もやし栽培を試みたのですが(http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/blog-entry-113.html)、結局もやしとしてはどうだったのかいまいちよく分からぬまま、面倒くさいのでその後作っていませんでした。
 ところが先日、家に遊びに来たインドネシア人の友人が、私がケニアで買ってきたもやし栽培用の豆を見つけて言うことには、「インドネシアではいつもこういうのでもやし作ってる。やってあげようか?」なんとこんな所に思わぬ助っ人参上。というわけでもやし栽培用の豆を託しました。詳しく言うと、その日彼女はその豆を持って帰らなかったので、後日彼女にプレゼントしました。というのも、その彼女はVSO(イギリス版協力隊)の任期を終え、故郷のインドネシアに帰ることになっていたので、インドネシアに帰ったらもやしなんて簡単に手に入るのかなと思いつつ、任地では大したプレゼントも買えないので、送別の品として彼女に渡しました。

 豆を渡して数日後。その彼女が、水に浸したその豆をくれました。プレゼントしたつもりだったのに・・・。と思いましたが、彼女によると、その豆は、ひたひたの水に浸し、蓋をせずにあと2日くらい置いておくともやしになるよとのこと。その通りにしてみたのですが・・・豆、全く変化なし。こんな感じ。
P1130677.jpg
もらった時から全然芽が伸びない。その後数日待ってみましたが、やはり変化なし。しょうがないので豆として食べました。

 再びネットを検索して私の得た結論。「インジバラのような寒い土地ではもやしは育たない。」どのくらい寒いかというと、そのインドネシア人の友人が「昨夜ここが何度だったか知ってる?4度だよ!でも体感温度は1度くらいだった!」と言っていたように、乾季の今、日中の日向は暑いくらいですが、朝晩は相変わらず冷え込む。今でもヒートテックとフリースは欠かせません。
 と、いうわけで、ケニアで買ってきたもやし栽培用の豆はまだ残ってますが、もやしじゃなくてただの豆として食べようかな。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/15(金) 02:52:55|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アジスアベバ観光 | ホーム | ドミ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/161-942fa53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。