My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人間らしい暮らし


 こちらに来て、人間らしい暮らしってどんなものだろうと考えることが多くなりました。日本にいる時も、「幸せって何だろう?」とか話していたこともありますが、こちらでは、子どもの姿をよく見るせいか、残業などというものがほとんど存在しないせいか、「働き方」についても考えさせられます。

 先日、出産休暇を終えたらしき女性が、「赤ん坊の写真撮りに来て!」と言うのでお宅にお邪魔してきました。時刻は16時半。彼女は配属先の建物によくいるのですが、何の仕事をしているのかはよく分かりません。勤務時間も同様。一般的には公務員は17時半が終業時間ですが。
 お宅に伺うと、1歳9か月の長男が満面の笑みで迎えてくれます。そして、どういう関係かはよく分からない女性が2人。妹だと言っていたような気もしますが、その女性が背負っている赤ん坊が、この間彼女が出産した次男(4か月)。

伝統衣装を着ている妹さん(?)。エチオピアには海はないのに貝の装飾が施されてます。
P1120527.jpg

 早速ソファで授乳開始。その間も長男が彼女にまとわりつき、言葉にならない声を発しています。そうこうしているうちに、次男が母親の腕の中で放尿(パンツもズボンもはいてませんでした)。でも誰も何も言わないし、何もしない。衛生的にはどうかと思いますが。
P1120533.jpg

そして、家で焼いたというパンを出してくれて、ブンナセレモニーをしてくれました。
P1120534.jpg

サロンの様子
P1120536.jpg

 で、彼女が言うことには、「こうやって家で子どもといる時間がとても楽しいし、幸せ。友だちに会えなくても、仕事がなくても、子どもといられればいい」と。

次男(タマスガン)とお母さん(エマベット)のことが大好きな長男(ハブタム)
P1120545.jpg

 エチオピアでは、赤ん坊を背負っている女性が本当に多い。ガバヤ(市場)で野菜を売っている女性も、買っている女性も赤ん坊を背負っているし、道を歩けば子どもがわんさかいる。ちょっと村落部に行くと、働いている女性の背中には赤ん坊、そばには小さい子ども、という光景をよく目にします。職場と家が分離してしまっている日本ではなかなか難しいことですが。裕福ではなくても、家にお手伝いさんがいることはエチオピアでは珍しくないので、オフィスで働く女性も、出産時と出産後だけ休んで、あとは普通に勤務してたりします。
 かたや日本の雑誌を読むと、働く女性の置かれている状況のいかに厳しいことか。
 もちろんインフラ、医療環境、衛生状態などを見ると「エチオピアの方がいい」とは単純には言えないのですが、
 そんなわけで、人間らしい暮らしってどういうことなのか、考えさせられてしまうのでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/21(金) 20:08:51|
  2. 文化・習慣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホテル | ホーム | 「そこにある物は(後先考えず)何でも使う」精神>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/150-712498a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。