My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

挨拶

エチオピアの挨拶は「サラムノ?」です。「サラム」が「平和」、「ノ」が「です」みたいな意味です。これを一日中言い合ってます。他に、「(男性に)デナネ?」「(女性に)デナネシ?」ってのがあります。これは「元気ですか?」みたいな感じです。で、返答は「デナ イグザビア イマスガン」です。「神様のおかげで元気です。」ってな感じでしょうか。
アムハラ語講座でこれを習ったとき、長すぎて言えない。って思ってましたが、一日に何度も「デナネシ?」と言われるのですぐに覚えて使っていました。
そうしたら、ある日、オフィスのお茶屋さんで誰かに「デナネシ?」と言われたので、いつものように「デナ イグザビア イマスガン」と答えたところ。横にいた人から、「君は仏教徒だろ?なのになぜ神の名を口にするのだ。キリスト教徒じゃないならそんなこと言うべきじゃない」と注意されました。
正直、そこまで考えてませんでした。日本でもよく「おかげさまで」って言いますよね。誰の、何のおかげなのか、よく考えずに使ってますが。そんな感じで、「デナ イグザビア イマスガン」って答えるとみんな喜んでくれるし、慣用句だし、エチオピア人の信仰心に対するリスペクトということもありという程度。しかし熱心な信者から見ると、許せないことなのかもしれないな~と思って、仲の良い同僚に聞いてみました。すると、全然気にしなくていいよ!との返事。
結局、「デナネシ?」と聞かれて、「デナ」とだけ答えるのはなんだか無愛想な感じがするので、注意した人がいる時以外は、「デナ イグザビア イマスガン」と答えています。

スポンサーサイト
  1. 2012/01/20(金) 04:02:56|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ティムカット | ホーム | 宗教>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/15-e03709cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。