My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミニバス


 エチオピアでの主要な乗り物といえば、ミニバスです。こちら。トヨタのハイエースを改造してバスにしてます。(首都のバスターミナルにて。首都のミニバスはこんな色を塗られてます)
P1090890.jpg

 地方を走るミニバスにはレベル1~3まであり、料金はほんのちょっとだけ違います。インジバラ~バハルダール間で、レベル1は45ブルでレベル2は43ブルです。レベル1だと新車で乗り心地がよいものもあります。この1年で新車のミニバスがかなり増えましたが、未だいちばん多く走っているレベル2の場合、運転席の横に2人、後ろに2人×3列、最後列が4人で、大体12人乗れます。それに運転手と料金回収係が乗ってます。
 首都のミニバスは結構細かく停まります。日本のようなバス停はなく、大体ここで待ってればバスが停まる。みたいな場所があちこちにあります。2011年7月のミニバスの最低料金は1.25ブルでしたが、どんどん値上がりし、2012年7月には1.4ブルでした。
 地方の幹線道路を走るミニバスは好きな所で待ち、好きな所で降ります。時刻表なんてものはなく、夜明け前から日暮れ後まで走ってます。しかも結構な頻度で来るので、5分も待ったら「今日はミニバスが少ないな!」と思うほど。
 任地からよく行くのが、バハルダールという町。距離にして120キロ。ジャイカの車で行くと1時間半くらいで着くのですが、バスだと大体2時間。運が悪いと3時間近くかかります。その「運」というのは。先ほど乗客は12人乗れると書きましたが、つまり、12人乗らないと出発しないんです。たまに席が空いてても出発したりすることもありますが、基本はいっぱいになるまで待つ。というかその辺をぐるぐる回って乗客を集めます。これが、長いと一つの町で30分くらいぐるぐる回ってたりする。もう諦めて次の町に行った方がいいんじゃないの?と言いたくなります。
 その他、荷物の積み下ろしなどにも時間がかかったりします。こちらでは、ミニバスの上に何でも載せます。大量の鶏とか、ベットとかトマトとか色々。そんなに載せて大丈夫かってくらい載ってたりします。

過積載一例。
P1110713.jpg

 そして、12人しか乗せられないはずの車内にも、たまに「これ以上乗れないって!」ってくらい乗客を乗せてたりします。もうぎゅうぎゅう。たまに警察がバスを止めて中を調べ、規定以上乗ってると罰金払わなきゃいけないんですが、この警察のチェックがいい加減なことこの上ない。運転手が、警察官を見つけて、止められる前に停まる。で、料金回収係が、一番手近にいる人に降りろと言う。乗客、あっさり降りる。その状態で警官のチェック。その後、先ほど降ろした人を回収してまた走り出す。みたいな感じ。警官だってそういうズルしてるの見えてるはずなのに。
 1年間、こういうバスに乗ってみて思うのは、なぜか乾季の方がバスは順調に進むということです。乾季の方が移動する人が多いのか、道路が乾いてるから順調に飛ばせるのか分かりませんが。そして、雨季の方がバスの中が臭い。というか臭い人が乗ってることが多い。エチオピアで最も悩まされるノミも、ミニバスでもらってくることが多いです。雨季には、ノミ持ってそうな人がたくさん乗ってくる。なるべく近寄りたくないですが、ぎゅうぎゅうに押し込まれたらそうも言ってられない。そういう時は大変です。
 でもどんな人が乗ってくるのか、運転手はスピード出しすぎないか、順調に目的地まで進むのか、乗ってみるまで分かりません。ミニバス運、大事です。

地方ミニバス一例。窓から体を乗り出しているのが料金回収係で、行先を叫んで乗客を集めてます。
P1080303.jpg

乗ってみたらこんな感じ。
P1100947.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/11/29(木) 17:38:54|
  2. エチオピア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バジャジ | ホーム | ブンナベット(コーヒー屋)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/136-deb27a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。