My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アムハラ文字


 エチオピアで使われているアムハラ語ですが、アフリカ大陸では(多分)珍しいことに、独自の文字(フィダル)を使っています。こんな感じ。
P1050470.jpg
役場に貼ってあった、エチオピア版「見ざる言わざる聞かざる」

 最初見た時は、丸っこいし何だかかわいいな~と思っていましたが、子音が24、母音が7で238文字、加えてそれに収まりきらない文字もあるので、約250文字くらいあります。もちろん漢字に比べたら何てことない数ですが、やっぱり慣れるまではなかなか読めません。
 数年前まで、フィダルに挑戦する隊員はほとんどいなかったそうですが、数年前から隊員のアムハラ語能力が格段に向上し、今では多分ほとんどの隊員がフィダルも読めると思います。ちょうど私たちが来たばかりの頃に、先輩隊員が「フィダル講座」なるものを開いてくれたおかげで私も一応、フィダルを読み書きできます。
 ただ、似てる文字が結構あるのと、手書きと印刷の文字がかなり違うので、特に手書きの文字を読むのは大変。こういうのをテストで採点しなきゃいけない学校隊員は苦労してると思います。
 町中の看板などはきれいに書かれているので大体読めますが、よく使われる文字というのは大体決まっているようで、あまり見ない文字とか、知らない単語が書かれていたりすると、よく分かりません。
 これ、「ナイスコレクション」という服屋の看板。
P1100720.jpg
 ナイスコレクションなら、nice collectionと英語で書けばいいじゃん。と思ってしまいますが、よく考えたら日本語でも「ナイスコレクション」って書くよなーと。
 フィダルも定期的に復習しないと、すぐに忘れてしまいます。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/15(木) 02:25:28|
  2. 文化・習慣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エチオピア人の名前 | ホーム | 衛生観念>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/123-8c69659c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。