My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SODIS(水質検査編)


 以前、水質検査用のケミカルがなかったために行うことができなかった湧水のSODIS前後の水質検査(細菌について)ですが、先日、ようやく行うことができました。
 経緯としては、以下のような感じです。
 配属先の水資源局にケミカルが「もうすぐ来る」という言葉を信じて待っていたのでは、多分いつまでたってもケミカルは入手できず、水質検査はできないまま。どうしようかと考えていたら、ふと、以前のカウンタパート(水質検査担当)は、現在、州の水資源局にいる。彼に頼めば、ケミカルを分けてもらえるかもしれない。と思いついて、バハルダールに行った折に、元カウンターパートをアムハラ州水資源局に訪ねて相談しました。結果、ケミカルをもらうことができました。かなりあっさりと。
 最初は郡の水事務所に電話をかけて、ケミカルが余っていないか聞いてくれたのですが、どうやら、そもそもないのか、分けてもらうことはできなかったらしく、その足で水資源局内の水質検査のラボに行って、一瓶分けてもらえるように頼んでくれました。というのも、彼は現在も水質検査をしているわけではなく、スウェーデンのプロジェクトに携わっているのだそう。そして、県水資源局の現在の水質検査担当に電話をかけてくれて、水質検査をしてくれと頼んでくれました。なんてありがたい。
 しかしその後、自分が旅行に行ってしまったり、ケニア研修があったり、エチオピアの新年があったりして、せっかくいただいたケミカルもしばらく私の家の冷蔵庫に放置されていたのですが、先日、ようやくSODIS前後の水質検査をしてもらえました!
 しかし!!結果としては、SODISの前も後も、大腸菌は発見されませんでした・・・。つまり、任地の人々の水汲み場2か所の水質は悪くないらしく、よって、SODISも必要ないらしい・・・・。あらら。じゃあ下痢や赤痢になるって話は、この水のせいじゃないのか?と思ったら、水質検査をしてくれた彼女によると、雨季は水質に問題がないけど、乾季になったら悪くなるから。とのこと。
 後日、たまたま配属先に来ていた元カウンターパートにもその旨伝えてみたら、ほぼ同じような見解で、水質検査のやり方によっても結果には差が出てくるから。ということで、乾季になったらまた水質検査をしてもらうことにしました。
 ところがここ2週間ばかり、雨季に逆戻りしたかのように毎日雨が降っており、まだ水質検査はしていません。さぁ、どうなることやら。

これがようやく入手したケミカル
P1110016.jpg

水質検査の様子
ラボなどはないので、普通の机でやってます。
そう言えば私が頼んだ時以外に水質検査をしているのを見たことがない。
P1100063.jpg

使ったキット
P1100068.jpg

大腸菌があればこれに現れるらしいが・・・
P1100072.jpg
今回は2か所とも、SODIS前も大腸菌はありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/12(月) 01:45:15|
  2. 活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<志向ランキングを試してみる | ホーム | もやし栽培>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/114-2a074a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。