My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

首都での鉄除去施設および水道局見学


 帰国報告会での上京に合わせて、首都で鉄除去施設を見学することができました。こちらの鉄除去施設、今いらっしゃっているシニア短期ボランティアの方が以前尽力して建てたものだそう。
P1090805.jpg

P1090830.jpg

 原理はシンプル。砂の入ったプールに水を通すだけです。この砂が鉄を除去してくれるのだそう。時々メンテナンスすればこの砂はずっと使えるとのこと。

P1090809.jpg

P1090822.jpg

 ところが!この鉄除去施設、なんと水源の枯渇により現在は稼働していないそうです。せっかくの施設なのに、もったいない・・・。他から水を持って来れば再稼働できるとのことで、現在、この方が再稼働のために奮闘中です。

 鉄除去施設を見学した後、シニア2名(給水施設設計)、協力隊1名(水質検査)の活動先であるアディスアベバ水道局を見学させてもらいました。建物も立派だし、水質検査のラボもあって、ちゃんと毎日検査しているそうです。自分の配属先とは随分違います。
P1090878.jpg

P1090843.jpg

P1090852.jpg

 しかし、劇薬マークのある試薬がカギもついていない引き出しに入っていたり、
本来はマスク+手袋で扱わなければいけない試薬も素手で、かつ鼻で匂いを嗅いだりしているそう。大丈夫なんだろうか。
P1090844.jpg

サボテンが水質浄化に使えるか研究しているという学生がいました。サボテンを乾燥中。ついでにインジェラ弁当も温め中。
P1090856.jpg

P1090859.jpg

検査に使うバーナー。専らコーヒー淹れるのに使われているそう。自分の配属先とは随分違うとはいえ、こういうところはエチオピアっぽいです。
P1090870.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/10/13(土) 01:41:24|
  2. 活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブルーナイルの源流 | ホーム | 首都での帰国報告会および隊員送別会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mylifeinethiopia.blog.fc2.com/tb.php/101-a05bfc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。