My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帰国しました。


 2013年9月25日、日本に帰国しました。
 2年3か月ぶりの日本は・・・やはりこれまで何十年も過ごした場所だけに、慣れるのは早く、あっという間に日本人に戻った気がします。日本では何を食べてもおいしくて、トイレもきれいだし、物は溢れているし、シャワーの水圧は高いし、エチオピアの人たちを連れてきたら一体どう思うんだろうとか、目にするものが任地の光景とあまりにも違って、「あの頃が夢のようだ」と思う帰国隊員の気持ちもものすごく理解できます。
 ただ、「日本はサービスがすごい」とよく聞きますが、そうでもない気が・・・。お茶のお代わりが欲しいのに呼んでも気付いてくれない店員さんとか。エチオピアでは「ま、エチオピアだからね。しょうがないよね。」とあっさり諦めるところですが、日本に対する期待値が高すぎるのか。物も溢れすぎてて逆に購買意欲が湧かない。何でもかんでも高いし。そして蒸し暑い。もう10月だというのにこの蒸し暑さは。日本の蒸し暑い夏と寒い寒い冬を考えると、気候だけ見たらエチオピアの方が過ごしやすいと思います。
 とりあえず一番びっくりしたことは、実家に戻って自分のタンスを開けたら、服がたくさん入っていたことです。「物少ないね」と言われていた私でさえこの服の量。色々考えさせられます。
 あとは雨がしとしとと降ることでしょうか。エチオピアの雨季に降る雨はそれはそれは激しいもので、パソコンで映画などを見ていても音声は聞こえなくなるほど。しかし日本の雨はおしとやかにしとしと降る。これはすっかり忘れていた感覚でした。

 帰国したらもう「チャイナ!」と言われることもない代わりに、道行く人から名前を呼んでもらうことも、「イニブラ!(一緒に食べよう)」「イニタタ!(一緒に飲もう)」と言ってもらえることもなくなるんだろうなー寂しいなーと思っていましたが、日本ではエチオピアのように、そこら辺の人に気軽に話しかけたりできないのがやはり寂しく感じます。というか、こんなに「話しかけちゃいけない」国って、むしろ日本だけなんでは?という気もしますが。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/25(月) 23:57:06|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。