My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

婚約式(の翌日)


 先日、うちのザバニャ(門番)が、指輪をしていました。これまでそんなのしているのを見たことがなかったので、「どうしたの?」と聞いたら「何でもない。自分で買ったんだ」との返事。
 それから2,3か月。彼が「明日僕の婚約式があるから」と招待状をくれました。しかしその日、私は別の町に行っていたので欠席。次の日、「何で来てくれなかったの?」と聞かれ、「別の町にいたから」と言うと、「じゃあ今日の昼食を食べに来てくれ」と。
 しかしお昼にオフィスから戻ると、そのザバの姿が見えない。どこにいるのかと思ったら、ザバ小屋で熟睡中。呼んでも全然起きない。扉をガンガン叩いて起こすと、「昨日の婚約式で疲れてて・・・」との言い訳。そりゃ分かるけどさ、そんなに熟睡してたら門番の意味なんてないだろう。泥棒来たって絶対気付かないだろう。と、今までにも何度も注意しているのですが。
 気を取り直して、向かいに住んでいる同期と一緒に彼の家に向かい、インジェラとコーヒーを頂きました。彼の家のコーヒーは前回同様、塩入り。塩入りのコーヒーはあまり好みではありません。「塩じゃん!」と言うと、砂糖入りのものに取り換えてくれました。そして、タッラーを好まない私たちのために、ペプシも出してくれました。そういうところ、彼はとても親切なのですが。
 「今日は婚約者はどこにいるの?」と聞いても、「家に帰った」的なことを言っていたのに、気付いてみたらコーヒーを入れてくれた女性が婚約者だったらしい。早く言えよ・・・。

 その日は、彼の妹の結婚式で見た顔がたくさん。そして、その時の花嫁さんも来ていました。実家のすぐ近く(徒歩30秒くらい)で、二人でスック(キオスク的なもの)をしているらしいです。「元気なの?幸せなの?彼とうまくいっているの?」と聞いてみましたが、結婚式当日の強張った顔とは違い、笑顔で「うん」と言ってます。「家見に来る?」と言うので見に行きました。新郎の方も、結婚式当日は、なんだかいけ好かなさそうな人だなと思いましたが、幸せそうで笑顔です。
P1080363.jpg
 まだ新婚3か月くらいなので、「ああ、結婚がうまくいっててよかったね」と言えるほどの時間は経っていませんが、よくよく知り合って結婚したからってうまくいくとは限らない、逆もまた然りなんだなーと感じさせられました。とりあえず今のところ幸せそうで本当に良かったです。

ちなみにザバの婚約式が8月。結婚式は来年のファシカ明け(4月)の予定だそうな。

この日のインジェラの付け合せはジャガイモ。きっと婚約式では羊捌いたんだろうな。
P1080347.jpg

巨大ダボ(パン)。切ってるのはザバのお兄さん。
P1080355.jpg

ザバと婚約者
P1080354.jpg


スポンサーサイト
  1. 2012/08/08(水) 16:58:45|
  2. 文化・習慣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。