My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火傷の痕


 こちらの人は、火傷の痕がある人が多いように思います。
 というのも、やはり火の扱い方から、火傷する危険性が高いように思うのです。
 地面に石を3つ置き、その上に鍋を置き、火を起こす。火は当然のように鍋からはみ出る。そしてこちらの女の人の多くはロングスカートをはいている。いつスカートに火が燃え移るかと心配になります。

 また、こちら同僚の家。目隠しのカーテンが、風に揺れて七輪(?)の火が燃え移りそう。そして床にはまな板と包丁が。そんな所を、小さい子供が走り回っている。火もあれば包丁もある。危なすぎる。と私は思うのですが、お母さんたる同僚は全く気にしてなさそう。
P1050517.jpg

 こういうのも改善したいんだけど、とは思いつつ、何をどうしたらいいのか分からないままです。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 03:38:26|
  2. 文化・習慣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。