My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小雨季


 季節感のないエチオピアですが、どうやら小雨季と呼ばれる季節に入った模様。最近時々、午後から雨が降ります。
 雨が降ると土埃も落ち着いて、畑の野菜たちにも良さそうですが、困ったことが一つ。それは、エチオピアに来て以来悩まされている、ノミ。
 私たちがエチオピアに来たのは6月。雨季真只中。毎日雨が降り、毎日のようにノミに刺される。
 それが乾季になり多少改善されたのですが、雨が降るとその水分でノミの卵が孵るんだか何だか知りませんが、ノミが増えます。
 ところが!エチオピア人に何度そう言っても、「ノミはいない」という返事が返ってきます。彼らも刺されないわけではないそうなのですが、
 目の前をハエが飛んでても、蚊が飛んでても、「そんなものいない」と言う。この心理は一体何なのか、まだよく分かりませんが、エチオピア人は大体において、自分の持っている物、住んでいる所などなどを誇りに思っているようなので、ノミやハエや蚊がいるという事実を認めたくないのかもしれません。
 自文化を誇りに思うのは素晴らしいことだけど、事実は事実として認めないことには進歩や改善はないんじゃないかと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 19:21:13|
  2. インジバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。