My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改良かまど見学(使用者見学編)


 そして作り方トレーニングの日。さあ、教えてください!とばかりにワレダのオフィスに行ったら、セメントがないから、今日は改良かまど使用者に話を聞きに行こうということになりました。確かにそれも大事。というわけでオフィスのご近所のユーザーに話を聞きます。大体思った通りの反応でしたが。
 まず、改良かまどの良い所は、薪・お金と時間が節約できる。火や煙による怪我・病気がない。高い買い物ではない。ご近所や友人にも勧めている。といったところ。

インジェラ用改良かまど。でもインジェラは2,3日に1回まとめて焼くため、インジェラ以外のワットなどはやっぱり3点かまどを使用中。
P1050253.jpg

 余談ですが、今朝、なんだかご近所が騒がしくて目が覚めました。時計を見ると6時前。何が起きたのかと思って家の外に出てみたら、なんと火事。既に鎮火していましたが。あまり詳しく覗き込めませんでしたが、きっと3点かまどのせい。というのも、今日話を聞いたユーザーが、3点かまどを使っていた頃に、火事を起こしたことがあると言っていたから。きっと今日の火事も3点かまどのせいに違いない。確証はありませんが。

3点かまどにてインジェラを焼く。いかにも火傷しそうだし、煙もすごい。
P1050260.jpg

P1050261.jpg

市場で燃料を買って運ぶ女性たち
P1050269.jpg

 ユーザー7人に話を聞いて、ノンユーザー3人にも話を聞きました。改良かまどを使っていない理由。1人目:いいのは知ってるけどどこで買えるか分からない。2人目:引っ越しを繰り返しているから、持ち運べない改良かまどはいらない。3人目:いいのは知ってるけど、買うお金がない。
私は、改良かまどでなく3点かまどを使っている人は、改良かまどに対する初期投資費用がないのだと考え、作り方を紹介して安く作れたらいいと思ったのですが、3人目以外はプロモーションの問題な気がします。

 午前中に見学を終了し、午後、また同僚と、本日の結果をまとめる。私としては、今後どう展開するかを話し合いたいのですが、同僚は、ただ本日得た情報を上司に報告したいだけらしい。
だから、今後どうしたらいいと思う?あなたの考えを聞きたいのだ。と言っても反応がない。しつこく聞いたら、テレビで宣伝すればいい、ポスターを作って貼ればいい、と現実味のないアイディアが。そのお金はどこにあるの?と聞いたら無言。

ポスターは既にある。
P1020754.jpg

P1020756.jpg

P1040933.jpg

 でも、確かにテレビは使えるかも。この国では娯楽が少ないためか、テレビ局が1局しかないためか、テレビの影響力はすごい。以前任地にいた日本人ボランティアが、アムハラ語による漫才をし、それがテレビで放映されたため、今でもその日本人ボランティアのことはよく話題に上ります。また、1月1日にエチオピア北部のボランティアが120㎞を走るという企画を立ち上げ、テレビ局に売り込んだところ、それが放映され、そのため、テレビに出た2人もかなりの有名人です。こういう時、「ファレンジ(外国人)」という属性は結構役に立つ気がします。
 作り方を教えるワークショップを開催して、それを取材してもらえれば、一石二鳥だなーと考えています。ただ、これをたまたまオフィスに来た配属先のヘッドに話したところ、テレビ局はこれまでにもたくさんの改良かまどに関する番組を放映しているとのこと。今更改良かまどワークショップのことなんて取り上げてくれないかもしれません。
 とりあえずその前に、セメントを入手してエチオピア流の改良かまどの作り方を教えてもらわないといけませんが。やっぱ自分でセメント買うしかないのかな~。セメント自体はそんなに高いわけではありませんが、最初に私が払ってしまうと、今後全て、お金は私の財布を当てにされそうで、それは私の意図するところとは違うので、悩みます。協力隊員はみんな悩んでいることだと思いますが。
  1. 2012/03/31(土) 19:00:58|
  2. 活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。