My Life in Ethiopia

青年海外協力隊員としてのエチオピアでの暮らしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後のエチオピア新年


 西暦2013年の9月11日はエチオピア暦の2006年1月1日。つまり新年でした。
 いつもならこういった祝日には羊を絞めてご馳走を食べるのですが、なんと今年は新年がツォム(動物性蛋白質断食の日)である水曜日であったため、新年にはお肉の摂取ができませんでした。その日はコーヒーセレモニーなどだけを楽しみ(お肉や牛乳はダメなのに、コーヒーやお酒は問題ないというのが最後までよく分からないところだったのですが、多分理由なんてあってないようなものかと推測します)、9月12日が新年本番といったところ。
 私は帰国を控え、9月13日金曜日の早朝に任地から首都に出発することになっていたため、配属先などの人にご挨拶に行ったのですが、既に多くの人が新年の休みモードで実家に戻っていたりして、きっと後で「挨拶もせずに帰国したの?」って言われるんだろうなーと思うと残念。
 しかも、帰国するとなったら「帰る時何くれるの?」攻撃がすごい。もちろん人によりますが。あまり話したことのないおじさんがわざわざ呼び止めるので何かと思ったら、「ラップトップくれ!」。最後にジャイカのボランティア調整員が私の活動の最終報告のために配属先に来てくれたのですが、対応してくれた副トップが最後に言ったのは「ラップトップが欲しい。」*1・・・・・・。何で?
 そういった高価な物はあげず、お世話になった人には私が着ていた服(もちろんまだまだ着れる物)などをあげたのですが、とある人に「お古をプレゼントするのは失礼だ。ちゃんと買った物をあげるように」と言われてしまいました。そんなことを言われたのは初めてだったので、その場は謝りましたが、その後、「中途半端な金持ちは厄介だなー。他の人は喜んでくれたのに。いらないんなら返してもらって村落部の人にあげればよかったなー」と思っています。
 そんなこんなで、任地を去る寂しさと、「物くれ」攻撃への残念さと、複雑な思いを抱えながら最後の夜に荷物のパッキングをしていると、なんと停電。しかも夜8時から朝7時くらいまで。ここのところそんなに長い停電はなかったのに、何で最後の夜にそんなことになるのか。ろうそくは1本だけだけど、残しておいてよかったと思いながら、ろうそくの灯りの元でパッキング。
 エチオピアは最後まで気が抜けません。

*1配属先ではパソコンはほとんどゲームや音楽のために使われています。インターネットが開通してからは、ほとんどフェイスブック。しかしそんな状況でも新しいパソコンが何台か導入されました。一体誰が何のために?としか思えないのですが。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/25(月) 23:52:53|
  2. インジバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポテチ屋現る


 ファレンジ(外国人)暦の8月7日、つまりエチオピア暦の12月1日から、再びツォム(動物性蛋白質断食)が始まりました。このツォムは15日間続き、結構厳しいものだそう。7歳以上の子どもにも適用されます。午後2時からくらいしか食べ物を口にできないとか、本当に子どもには良くないと私は思うのですが。
 またツォムが始まると聞き、私としてはどうしてもその前にシュクラティブス(七輪焼肉)を食べたくなって、エチオピア人の友人を誘って食べてきました。

こういうやつです。後ろに並んでいるのはいただきものの日本の調味料。意外にポン酢がインジェラによく合います。酸っぱい×酸っぱいで、おいしくなるのです。エチオピア人の友人はポン酢を試さず。わさびなどもお口に合わなかったようですが、塩コショウはおいしかったらしいです。
P1090559.jpg

 シュクラティブスの後、その友人にコーヒーセレモニーに誘われたため、一緒にコーヒーを飲みに行きました。その後、「チップス屋ができたから食べに行こう」とのことだったので、「チップス屋?」と思ったら、なんとポテトチップ屋さんができていました。
 首都では既に2年前にありましたが、インジバラでこういうのを見るのは初めて。この電源が一体どこから来ているのかも気になりますが。
P1160987.jpg

P1160988.jpg

P1160990.jpg

 電力があまり強くないらしく、このチップスが揚がるまでに10分以上はかかります。でも何もつけなくてもおいしい。インジバラはジャガイモの産地として有名らしいので、ジャガイモそのもののおいしさでしょうか。ちなみに1皿2ブルです。(ちなみにジャガイモは拳くらいの大きさのものが5つくらいで2ブル。)
 お店を開いたおばちゃんは午後3時頃にインジェラ弁当を食べていました。お客さんがひっきりなしに来て食べる暇がなかったらしく。今のところこのポテチ屋さん、大盛況のようです。

分かりにくいですが、路肩に突然現れたポテチ屋(日曜日はお休み)
P1170016.jpg

  1. 2013/08/12(月) 16:36:54|
  2. インジバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子喧嘩と思われるもの



 今日、よく寄るお茶屋さんに寄ってみたところ、いつも愛想よく迎えてくれるツァハイがおらず、どこに行ったんだろうと思っていたら子どもたちが、「裏にいるよ」と言うので行ってみたところ、近所の子が親に殴られたらしく、近所の人たちが集まって騒然としていました。その「子」が、以前布草履の作り方を教えたアマラッチ(高校生くらいの女の子)だったため、私としてはてっきりよく聞く「横暴な父に殴られた女子高生」的な構図だと思ったのですが、どうやら殴ったのは母らしい。(父はどこか違う場所に住んでいる様子*。)最初は人々がその母を囲んで何やら話していたのですが、そのうち、どこかに行っていたらしいアマラッチが戻ってきて泣き叫ぶ。一体何が起こったんだと色んな人に聞いてみたのですが、ようやく分かったところでは、アマラッチが家の仕事をほったらかしてどこかに行ってしまったということらしい。「たったそれだけでグーで殴る?」と思ったのですが、アマラッチは泣いてばかりで私には喋ってくれない。
 アマラッチ、その母、それぞれに近所の人が事情を聞いていたのですが、そのうち警察官(女性)がやってきました。アマラッチは殴られたとはいえただの親子喧嘩に警察官が事情聴取…と思ったら、アマラッチとその母と、関係者らしきおじさんが近所の警察署に行ってしまいました。うーん…そんな大問題だったのか・・・。今日ほどアムハラ語がもっとできたら良かったのに。と思ったことはないかも。母娘の喧嘩なのに「横暴な父に殴られた女子高生」的な構図(誤ったジェンダーバイアス!)に思いっきり引きずられてますが。

 余談。いつもエチオピア人は「ノミがいるなんてのはとてつもなく汚い家」だと言っていますが、今日ツァハイがふくらはぎのあたりから虫をつまんで潰していたので「何?」と聞いたら「ノミ」だと答えました!エチオピア人も刺されるんだよね…何で他の人は認めないんだろう…。というよりむしろなぜツァハイは正直に「ノミ」だと言ったんだろう…。
 色んなことが不可解な一日でした。

*「父が不在」の家はたくさんあります。ツァハイの家も夫はいつも不在。聞いてみると大体は夫あるいは父は運転手をしていて、遠い所(多分インジバラの先にあるルネッサンスダムの建設現場?)にいると言われます。
  1. 2013/07/31(水) 15:04:25|
  2. インジバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂糖の品薄


 何度か書いたと思いますが、こちらの人は、お茶にこれでもかってくらい砂糖を入れます。小さいコップにティースプーンで3~4杯。こんな感じです。
P1160334.jpg

 お茶を注文する際にうっかり「砂糖少なめ!」と言い忘れると、このあっまーいお茶を飲むことになります。配属先のお茶屋さんでも毎回言わないと他の人と同じように砂糖たっぷりになってしまうし、「砂糖少なめ!」と言っておいてもかなり入っています。(ちなみに首都のお洒落なカフェでは砂糖なしで出てきて、自分で好きな量だけ入れることができます。)
 このようにエチオピア人がお茶やコーヒーに砂糖を入れまくるせいか、私の任地では常に砂糖が品薄状態。スック(キオスク的なもの)にもよく「砂糖ありません」という紙が貼ってあります。
 私はそんなに砂糖を使わないし、家で飲むお茶はほぼ砂糖なしのため、この「砂糖品薄」と無関係だったのですが、オーブンを頂いて以来、時々カップケーキなどの甘い物を作っているので、先日ついに常備していた砂糖がなくなってしまいました。
 さぁそれからが大変(てほどでもないのですが)。スックを見かける度に「砂糖ある?」と聞いたのですがどこで聞いても「ない」との返事。
 先日、よく行くスックで砂糖を買っている人がいたため「私も買う!」と言ったら、返ってきた言葉は「証明書ある?」でした。なんと砂糖を買うのに証明書がいるらしいのです。どこかの役場に行って写真つきの証明書をもらってこないと砂糖は売れないとのこと。その時買っていた人たちもみんなその証明書を持っていました。がーん。砂糖なんて多分あと1,2回しか買わないのにそんなものいちいち作らなきゃいけないのー?と言っていたら「他の日に来い!」と言われたので翌日行ってみたら。あっさり買えました。証明書なしで。うーん…何でだろう。ファレンジ(外国人)だから大目に見てくれたのか?とりあえず砂糖を1キロゲットしたので、帰国までの3か月はもつかなーと思っています。

スックには「砂糖ありません」のほか、よく「モバイルカード(携帯電話用のプリペイドカード)あります」の貼り紙が貼ってあります。
これは貼り紙っていうよりお店の壁に直に書いてますが。
P1160437.jpg

よく行くスックにて小麦粉を買っているところ
P1140772.jpg

P1140771.jpg

首都のカルディスコーヒーにて。首都にはあちこちにあり、スタバのようにおいしいです。店のロゴなども完全にスタバのパクリだと思われます。(ただしエチオピア人はスタバの方をカルディスのパクリだと思っているらしいですが)
P1150452.jpg

  1. 2013/07/04(木) 18:18:52|
  2. インジバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェアウェルパーティ


 先日、約2年を共に過ごした任地のピースコー(アメリカ版協力隊)の一人が任地を去ることになり、お別れ会を催しました。
 共通の現地の友人の家にて夕食(もちろんインジェラ)を食べ、その後、アズマリベット(伝統的ディスコ?)に行くことになり、しかしその前に。写真屋で写真を撮ろうと言って写真屋に行ったところ。奥が撮影スペースになっており、ハベシャカミスや伝統的楽器が置いてあったので、それを着たり楽器を持ったりして撮影大会。なんかこれって…飲み会の後でプリクラ撮るノリ?というか完全にそういうノリでした。プリクラの機械はエチオピアでも売れそうです。
945931_10200170106520332_2129396750_n.jpg
(私は大学の卒業式の衣装を着ています。)

 その後でアズマリベット、その後で現代的ディスコに。アズマリベットは何度か行ったことがあったので私は現代的ディスコに興味津々。日本のディスコ(もうディスコという言い方すらしないのか?)がどういう感じかもよく知りませんが、一応ミラーボールがあり、網タイツのお姉さんが何人かおり(客なのか店員なのか不明)、世界中で大流行の韓国ポップが流れていました。しかし他はあまり伝統的な方と大差ないような・・・流れている曲も、滞在中に流れた3曲のうち、2曲は伝統的な方と大差ないような・・・踊り子がいる、いないというのが決定的な差か?しかし、何事も経験ということで。そういう意味では楽しめました。

アズマリベットにて伝統的ダンス。
P1160179.jpg
現代的な方はなんとなく写真撮っちゃダメな気がして撮りませんでした。

参考までにこの間初めて行った首都のアズマリベット
P1150831.jpg

  1. 2013/06/20(木) 17:45:20|
  2. インジバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。